脱毛 自宅

 

自宅で脱毛派におすすめ人気商品はコチラ!

家庭用脱毛器ならケノン 脱毛クリームなら
パイナップル豆乳除毛クリーム
ワックス脱毛ならアンジェリカ
家庭用脱毛器ケノン商品画像

脱毛効果1!顔脱毛もOKです

パイナップル豆乳除毛クリーム商品画像

塗って放置!剛毛もおまかせです

アンジェリカ商品画像

つる肌長持ち!VIOにもおすすめ

自宅で脱毛するメリット

自宅で脱毛する女性の写真

『脱毛サロンに行きたいけれど予算がなくて無理!』
『忙しくてサロンに通う時間がない!』
『恥ずかしいので自宅で一人で脱毛したい』

 

脱毛サロンは価格が安くなってきてはいますが、通える範囲に店舗がない・部位毎に料金がかかる・予約が取れないなど脱毛したいけれど自分の望む条件に合わないという人もいます。

 

自宅で脱毛するなら自分の条件にあった脱毛方法で好きなだけ脱毛できます!!

 

自宅で脱毛するメリット

  • 時間を問わず空いた時間に脱毛できる
  • テレビを見ながら・お風呂に入りながらなどシーンに合わせて脱毛方法を選べる
  • 予算を自分に合わせられる

自宅で脱毛するデメリット

  • 自分で手が届かない部位はできない
  • 脱毛方法によっては除毛効果のみ
  • 効果が緩やかなので脱毛まで時間がかかる

自宅で脱毛するなら!脱毛方法比較

商品
価格
脱毛効果
脱毛方法
詳細
家庭用脱毛器 25,000円〜75,000円程度 肌を冷やして照射する 脱毛できる 人気商品一覧へ
脱毛クリーム 3,000円程度 塗って約5分放置して洗い流す 除毛効果がある 人気商品一覧へ
脱毛ワックス 4,000円程度 ワックスを塗りシートをかぶせてはがす 使い続ければ脱毛できる場合もある 人気商品一覧へ
各脱毛方法の紹介

家庭用脱毛器 価格は幅があり、8万円〜3万円あればお釣りがあります。

機能によって脱毛効果にはそれほど差がありませんので自分が欲しいと思う機能がある商品を選びましょう。
脱毛カートリッジは消耗品で、限界照射回数を超えると買い替えが必要です。
気長に使えば確実に脱毛できます。

脱毛クリーム 塗って5分程度放置するだけで毛を溶かしてツルツルになれます。

完全な脱毛はできませんが、手軽で使いやすさで人気があります。
脱毛初心者におすすめです。

ワックス脱毛 最初に衝撃がありますが思ったほど痛くないという意見が多いです。

テクニックが必要ですが慣れれば簡単!
即効でツルツルになれて脱毛効果は1週間以上保てます。
使い続けるうちに毛が生えてこなくなったという人も多くいます。


カミソリを使うメリット・デメリット

脱毛とは異なる剃毛で使うカミソリは所謂T字カミソリと呼ばれるもので安価なものでは300円くらいからあり、専門的なものでは金属製の刃を使わず肌へのダメージを極力抑えたものもあるなどバリエーションに富んでいます。

 

いずれも専用のクリームを最初に脱毛する部位に塗布した上で処理していくのが基本になります。
毛抜きなどの他の自己処理方法と比較すると処理にかかる手間が少なく即効性があり、手の届く範囲であれば部位を選ばず使うことができるという点がメリットだと言えます。

 

一方でデメリットとなるのが、そもそも”脱毛ではない”という点です。
あくまでもムダ毛が毛穴の中に隠れる程度の長さまで短くするだけでムダ毛を細くする効果もなく、時間と共にムダ毛が伸びればすぐに目立ち始めます。

 

即効性こそありますが、持続性という観点では他の脱毛方法と比較してかなり劣っていると言わざるを得ません。
ムダ毛を短くするための深ぞりを謳うものでは肌への負担が大きくなりやすく、男性用のものほどひどくはならないにせよカミソリ負けも起こしやすい点には注意が必要です。

 

また意外なところで毛穴の状態に効果を左右されやすい弱点もあり、毛穴に皮脂が詰まった状態であったりムダ毛にへばりついた状態であったりすると剃り残しを出しやすかったりします。
こうした弱点の克服のためにシェービング用のクリームを使用するわけですが、肌の状態によってはなお弱点が露呈しやすいことがあり、使いどころを選ぶ方法と考えるのが妥当と言えるかもしれません。

カミソリで剃り続けると…

カミソリ使用で肌荒れして悩んでいる女性の写真

カミソリを使った剃毛は即効性と手軽さから利用者も多い方法ではありますが、継続性には少々問題があるのも事実です。
1つには横に当てているとは言え刃が直接肌に触れているのでどうしても表皮を傷つけやすく、またムダ毛の再生によって毛穴が押し上げられることなどを考慮すると肌へのダメージが大きくなりがちだと言う点です。

 

毛抜きを使った脱毛とは異なり肌表面での傷になるため、最初の内は意外と目立たないですが、何回か繰り返す内に毛穴周りの肌に黒ずみが生じて所謂ゴマ塩状態になってしまいます。

 

そうした傷を作らないためにシェービング用のクリームなどを使うわけですが、このクリームにも物によっては問題がある場合もあります。

 

ムダ毛を効率的に処理できるように皮脂の分解能力を持たせているようなクリームを使用した場合、ムダ毛の毛穴にある皮脂を溶かしてムダ毛が露出しやすいようにしてくれますが、剃毛はムダ毛の再生によって頻繁に行わなければならず、その度に皮脂を取り除かれて毛穴が丸裸の状態になってしまうと却って皮脂の分泌量が多くなりニオイの原因になったり、雑菌などが皮膚内に入り込んで荒れる原因になることもあります。

 

即効性と手軽さでは他の脱毛方法にはないメリットがある剃毛ですが、頻回利用にはリスクがあり、肌へのダメージが蓄積してしまうことを考えるとあまり多用するのには向かないということを理解しておくべきだと言えます。